クラミジア感染の有無を調べる検査

若い人たちの間で流行してしまうものといって、
ファッションだけではなくて性感染症という深刻なものあるんですよね。
なかでもクラミジアは最も多い性感染症といわれていて、
最近の報告によると18歳~19歳の女性の10人に3人がクラミジア感染しているとのこと。
なんと20代では20人に3人の計算。またクラミジアの感染が広がる要因だろうと思うのが、
その自覚症状がないケースがあるということ。実際女性の感染者の5人に4人までが自覚症状がないそうですね。
クラミジアの感染をほおっておくと、卵管炎等を起こしかねないうえ、
不妊症の原因になる事もあるというので、注意が必要ですよね。
性行為が不特定多数になる人などは自覚症状がなくても年に1回の検査は必須。
それこそ自覚症状としてオリモノが気になる場合や排尿の際の痛みや違和感がある場合は、
クラミジア検査キットですぐに検査するのが一番ですね。自覚症状が治まってしまうと
恋人に感染させることにもなりかねませんので、自分がクラミジア感染しているのが分かった場合は
相手と一緒に早期にクラミジア感染の有無を調べる検査をして、早期にしっかりと治療するのがクラミジア治療の最善策ですね。