融資手続きの時の書類

融資手続きの時の書類って結構面倒だったりしませんか?例えばクレジットカードを新たに作る時に、銀行印が必要だったりしたら、書類を自宅に持ち帰って書類に銀行印を押して、さらに封筒に入れてポストに投函。これが面倒で作りかけになってしまっているクレジットカードが沢山あります。持ち帰った書類を放りっぱなしにしてしまってます。カードローンなんかを申し込む時でも申込みまではインターネットでできるけれども、結局最終的には書類や本人確認資料(免許証のコピーやパスポート)を郵送で送らなければならないのであれば、かなり億劫ですよ、実際問題。それがスマホやパソコンで完結出来るとなるとかなり便利ですよね。実は、本人確認資料をスマホのカメラで撮って送信するだけでOKのカードローンが実際にあるんです。カメラで撮るくらいは簡単にできますよね。それを送信するのだって簡単です。煩わしい事なくカードローンの申込みができてしまうんです。審査の結果もスマホで確認できるところもあり、さらに銀行口座を登録しておけば、お金を自分の銀行口座に振り込んでもらうことも出来るんです。カードローン用のカードは後日郵送で送られてきますので、カードが届くまでの間にお金が必要な時は、銀行口座に振り込んで貰えばいいのです。とても便利ですよね。

限度額の増額

カードローンとクレジットカードのキャッシング、どう違うの?って思っている人は多いと思います。決定的な違いはクレジットカードはショッピングでも利用できますが、カードローンのカードでショッピングはできないということです。カードローンはお金を借りる専用のカードなのです。ですからクレジットカードのキャッシングに比べると金利も少し低めに設定されています。年会費も基本的にはかかりません。発行手数料等もかからないでしょう。借入限度額もクレジットカードのキャッシング枠に比べると高額です。クレジットカードのキャッシングの限度額は多くても100万円くらいまで。大抵は5万円~50万円くらいです。しかしカードローンの限度額は多いものでは1000万円。これは銀行のカードローンですね。消費者金融のカードローンの限度額は500万円なのに比べて銀行のカードローンは1000万円という大口の融資が可能なのです。しかし銀行以外の消費者金融などは総量規制の対象になりますので年収の1/3を超える借り入れはできません。また初回から高額の融資をしてくれるところも少ないと思います。きちんと返済をして借入を繰り返していると信用がつき限度額の増額をしてもらえるようです。